各地に甚大な被害をもたらした豪雨により、お亡くなりになられた方々に心からお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆さまにお見舞いを申し上げます。立憲民主党福岡県連も、災害対策本部を設置し、新型コロナウィルス感染防止に努めながら、現地支援に取り組んでいます。一日も早い復旧に向け、地元自治体と協力しながら努力して参ります。
 また、第2波が警戒される新型コロナウィルス感染拡大防止に向けて、引き続き県民の「命と暮らしを守る」ために、補正予算に盛り込まれた支援策の迅速かつ確実な実施に向けて、国や県へのはたらき掛けを強めて参ります。

立憲民主党福岡県連合
代表 山内 康一

img20200825124755308832.jpg立憲民主党福岡県連合は
一致結束して新党に移行します
img20200825124757622314.jpg立憲民主党福岡県連合は
一致結束して新党に移行します
img20200825124757637295.jpg立憲民主党福岡県連合は
一致結束して新党に移行します
img20200825124757529566.jpg立憲民主党福岡県連合は
一致結束して新党に移行します
img20200825124757622133.jpg立憲民主党福岡県連合は
一致結束して新党に移行します
img20200825124757057136.jpg立憲民主党福岡県連合は
一致結束して新党に移行します
img20200825124756888977.jpg立憲民主党福岡県連合は
一致結束して新党に移行します

2020.08.28

立憲民主党福岡県連合の現地支援 ボランティア最終日

 
7月の豪雨災害後から取り組んで来た大牟田でのボランティア活動も、28日で一区切りすることになりました。三川地区の地域包括支援センターの皆さんの下で、厳しい被災の現実と向き合いながら、多くを学ばせて頂きました。本当にありがとうございました。被災者の皆様が一日も早く日常を取り戻されますようこれからも微力ながら取り組んで参ります。
 

 

 

2020.08.24

立憲民主党福岡県連合の現地支援 再び大牟田へ

 
8月24日、三川地区地域包括支援センターの要請で、青年局の議員・総支部長7名が7月に続いてボランティアとして現地に入りました。被災から1ヶ月半以上が経過しましたが、まだまだ片付かず、被災者の方々は日常が取り戻せない 状況が続いています。今日は、連合南筑後協議会の皆さんと合同で活動しました。
 

 

 

 

 

2020.07.30

7月30日、立憲民主党福岡県連は、久留米市の災害現場を視察しました

 
7月30日、立憲民主党福岡県連は、山内県連代表、江崎代表代行、立憲県議団ら9名で24時間最大雨量360.5mm/hという観測史上最大の雨量を記録し、内水氾濫が引き起こされた久留米市の災害現場を視察しました。
 
久留米市役所で中島副市長から被害状況の説明を受け意見交換の後、県が導入した排水ポンプ車を視察。
 
北野町では、ハウスが水没した被災農家から厳しい被災の実態と次期作支援などの緊急要望を受けました。
 
その後、やはり大きな被害を受けた城島町に向かい、浸水被害の状況説明と内水氾濫か所を視察、JA福岡大城支所からはイチゴハウスの被災状況などの説明を受けました。
 
想定を超える大雨が毎年続く状況下で、箇所箇所の地域特性を踏まえながら筑後川流域全体で対策を講じることが必要になっています。
 
県連では、今回の視察の内容を精査し、国や県への要望を早急に取りまとめる予定です。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.07.24

枝野代表が豪雨被災の大牟田・久留米を視察

 

7月24日、枝野代表が豪雨で被災した大牟田と久留米を視察しました。
 
当日は大雨警報が発令させたため、県や地元自治体にご迷惑にならないよう予定を大幅に変更し、県連の案内で現地を訪れました。
 
冠水した三川のポンプ場では、大牟田市の副市長が駆けつけてくださり詳細な説明と要望を頂きました。
 
浸水で孤立した「みなと小学校」でも校長先生が当日の状況と学校再開後の子どもたちの様子をお話し下さいました。
 
又、県連ボランティアを受け入れてくださった三川地区の地域包括支援センターでは初動の片づけが終わり次のステップへの移行のための準備が進められていました。
 
久留米では、枝光排水機場と筑後川の様子を視察し、内水氾濫の抜本的対策を検討する必要性を確認して、終了しました。
 
 
立憲民主党
【福岡】大牟田市、久留米市の令和2年7月豪雨災害状況を枝野代表が視察
https://cdp-japan.jp/news/20200724_3265

 

 

 

 

 

 

2020.07.21

災害ボランティア6日目

 

ボランティア6日目。今日は予定していた一週間の活動の最終日。8名が参加し、被災されたお宅の片付けに汗を流しています。まだまだ人手が必要なお宅も多く、今後の取り組みについては改めて検討したいと思います。

地域の皆さまに支えられてのボランティア活動、参加者一人一人が言葉では言い尽くせない多くの事を学ばせて頂きました。本当にありがとうございました。一日も早く被災者の皆さまの日常が戻りますよう、これからも取り組んで参ります。

 
 
 
 

2020.07.20

災害ボランティア5日目

 

ボランティア5日目。今日も5名が参加。今日は体力に自信のあるメンバーで頑張っています。

 
 
 
 
 
 
 

2020.07.18

災害ボランティア4日目

 
ボランティア活動4日目。今日は5名が参加。天候が回復すると暑さとの闘いです。被災者の皆さんのご苦労は計りしれません。
 

 
 

2020.07.17

災害ボランティア3日目

 
今朝は「あおき剛志」総支部長が立憲民主党の支援物資(マスク・タオル)を大牟市に届けた後、被災されたお宅の支援活動に取り組みました。
 

 

 

2020.07.16

7.16 ボランティア活動2日目

 

今日も被災者の方のお宅の片づけや家財の搬出に取り組みました。久しぶりに日差しが戻り、暑い中での活動となりましたが、畳が少し乾いて昨日よりは軽くなっていました。熱中症に気をつけながらみんなで頑張っています。

 
 
 
 
 

2020.07.15

大牟田市地域包括支援センターのボランティアとして立憲民主党福岡県連合の現地支援が始まりました

 
本日7月15日より、大牟田市地域包括支援センターのボランティアとして立憲民主党福岡県連合の現地支援が始まりました。被災された家屋の片づけ、ごみの処理にあたっています。

 
 
 
 
 
 

2020.07.08

2020.07.07 福岡県連合は災害対策本部を立ち上げました

 
本部長   山内康一代表
本部長代行 野田国義代表代行
      江崎孝代表代行
副本部長  坪田晋福岡県第1区総支部長
      森本慎太郎福岡県第4区総支部長
      青木剛志福岡県第7区総支部長
事務局長  藤田一枝幹事長
事務局次長 川﨑俊丸副代表、徳安達成青年局長

img20200828152655965415.jpg北九州市議会議員選挙 2021 img20200828163245914658.jpg北九州市議会議員選挙 2021

ニュース

News

[%article_date_notime_dot%] [%new:New%]

[%title%]

活動報告

Activity Report

[%article_date_notime_dot%] [%new:New%]

[%title%]

アーカイブス

archives

県連事務所

Access

立憲民主党福岡県連合
住所:〒812-0044 福岡市博多区千代4丁目29-51 河野ビル2F
電話番号:092-710-7300 FAX番号:092-710-7199
Mail:info@cdp-fukuoka.jp